家出人捜索願いについて


家出人捜索願とは、家族や親族で家出をしたり、行方が分からない人がいる場合に、失踪人が居住する最寄りの警察署に
申し出て、届出を行うことを言います。警察では、失踪した本人が自身の意思で姿を消したり、未成年の場合は、保護者の了解を得ずに家を出た場合のみ、家出人として取り扱います。
この家出人捜索願は、管轄署または交番や駐在所などでも行うことが可能です。
ただし、家出人捜索願の申し立てを行うことができるのは、失踪人の保護者、配偶者、その他の親族、監護人などの関係にある人に限られており、血縁関係の無い、恋人や友人、知り合いなどが失踪した場合には捜索願の届出をすることができません。
その場合は、家出人の家族に連絡を入れ、家族から警察に連絡する形になります。
警察に届出る際に必要な本人の情報は、本籍、住居、氏名、生年月日、職業、人相、体格や着衣、携帯電話の番号、家出の日時、原因や動機、所持金の額、車両使用の有無、パスポートの有無、その他参考となる事項等です。
家出人の捜索を依頼する場合に問題となるのは、警察は事件性がないと動けないという事情があること、また、警察に連絡する時にはすでにできる限りのことはしており、かなり切羽詰まった状態であることです。そういう場合には警察に届出るばかりではなく、探偵に依頼するという手段もあります。
探偵は、不倫や浮気調査等の他に家出人の捜索のような調査も行っているため、捜索のプロでもあります。
調査依頼を決める前に、依頼する探偵の専門と特徴を確認し、トラブルが起きないよう十分注意する必要がありますが、探偵に依頼することも選択肢の一つにあげられるでしょう。

Posted by: Saving on